矯正方法を知る | 審美歯科や矯正歯科に通う理由~ビビットくる歯になり隊~

矯正方法を知る

ガム

歯並びを整えるメリット

矯正歯科治療を行う上で、噛み合わせの向上は非常に大切な事です。悪い歯並びをそのままにしておくと、いろいろな問題が起こる可能性があります。歯並びが悪い事で虫歯や歯槽膿漏の原因であるプラークがつきやすくなります。また、消化不良を起こすケースもありますし、噛む力が均一でないため、顔がゆがんだり、首や肩の凝り、耳鳴りや頭痛などの症状も、歯並びの悪さゆえの問題である可能性も否めません。不自然な位置にある歯やあごの位置を正して歯並びを整えると、歯磨きがしやすくなりますので、歯の健康を保つ事ができるようになります。また、噛み合わせの向上によって消化を助け、身体のバランスが整い、全体の健康に良い結果をもたらします。

矯正歯科の方法について

矯正歯科治療とは、出っ歯や受け口などの噛み合わせの悪い歯並びを、自分の歯を生かしたまま治療する方法です。矯正歯科の装置は基本的に取り外しができません。針金を使った装置を歯に取り付け、ゆっくりとはを矯正していくのが一般的です。その装置を装着してしばらくは、歯が無理に動かされているような違和感とともに、鈍い痛みを伴います。しかしこの痛みは痛みどめを服用するほどの痛みではない事が多く、途中で慣れていく人が大半です。口内炎などの症状が現れる場合には、消毒をしたり、軟膏を塗布して対処していきます。矯正歯科の方法は近年種類が増え続けており、今後も増えていくのではないかと考えられています。この方法以外はない、といったことはありませんので、歯の状況に合わせて適切な処置を選ぶ事が重要です。